交通事故 手足の痛み 大田区

2018.04.29 | Category: 交通事故 手足の痛み

【指の曲げ伸ばし】
さらに運動のバリエーションを増やしていきましょう。今回の目標をもって行うことができる運動です。達成することで、より治療や運動に前向きになれると思います。

今回の目標は「お腹の上でに手をおいたままで、パーを作ってみましょう」
手のひらをパーにすることができない拘縮の方は多いです。ただ、パーにするだけでなく、目標をもって行いましょう。
1.手首を片方の手で軽く持ち、把握します。ぎゅっと握りすぎず、ふわっと柔らかすぎずがポイントです。
もう片方の手を小指側から、相手の4指の下に入れます。手首は曲がったままでも大丈夫です。
2.前回のようにぐーっとゆっくり伸ばしていきます。ゆっくりと包み込むように伸ばします。完全に伸びなくても大丈夫です。
3.手首を握っていた方の手を離し、親指に滑らせ、根元を持ち、ゆっくりと伸ばしていきます。
ある程度開いたら、そのままお腹の上にのせます、手のひらを上から軽く押します。強く押すと痛かったり、苦しいので強くは押さないでください。
開くことができたら、5秒ほど自分の力で伸ばしてもらいます。
床の上においてもいいです。その時には肘も伸びた状態で行えます。

蒲田 南蒲田 東蒲田 西蒲田 蒲田本町 新蒲田 蓮沼 池上 矢口渡 の地域の皆様お待ちしております  安心鍼灸整骨院

交通事故 手足の痛み 蒲田

2018.04.24 | Category: 交通事故 手足の痛み

【5本指を開く運動】

目標をもって運動をすることで、より治療や運動に意欲的になる事ができます。今回も目標をもって行っていきます。
今回の目標は「握手をしましょう」
握手はコミュニケーションの始まりだったりもします。また握手ができるということは、物をつかむことができるということです。
指の曲げ伸ばしの運動を続けることで、握手がしやすくなります。

1.片方の手で、手首を持ちます。強すぎず弱すぎず、ほどよい力で把握してあげます。強く握りすぎると痛いです。弱いと心もとないです。安心感を与えてあげましょう。
もう片方の手で指の根元まで握ります。指先だけを握らないでください。関節が小さいので痛めてしまいます。
2.人差し指から小指までの4指をゆっくり開いていきます。
3.手首を持っていた手を持ち替えて、親指を握ります。根元をきちんと握ります。
4.親指がのびたら、4指を握っていた側の手を持ち替えて、お互いの手のひらが合わさるように、握りなおします。
5.親指を握っていた手をはなし、相手の手を軽く握ります。
握手をすることができたら、最後にぐっと握ってあげてください。
指が伸びたら、握手をすることができました。

蒲田 南蒲田 東蒲田 西蒲田 蒲田本町 新蒲田 蓮沼 池上 矢口渡 の地域の皆様お待ちしております  安心鍼灸整骨院

交通事故 手足のしびれ 蒲田

2018.04.21 | Category: 交通事故 手足のしびれ

【5本指の曲げ伸ばし】 他動運動

前回は親指だけを開きましたが、今回は残りの4指も動かしていきましょう。自分で1本1本開いていくのは、少し難しいですが、他人にやってもらうことで簡単に運動することができます。手の指全てが開くことができたら、ぐーぱーといった動きができます。そうすることで、物をつかんだり離したりと、行動の範囲や質もかまってきます。

1.片方の手は手首をにぎります。ぐっとにぎらず、しかし弱すぎず、程よい強さでしっかり把握してあげます。もう片方の手は小指側から手を差し込み、指の付け根に手を入れます。この付け根の部分が支点になります。
もし手が張らない場合は少し屈曲をしてあげると指を入れ込みやすくなります。
2.指の根元を持ち、こゆび側からゆっくり指を伸ばしていきます。下からぐーと伸ばしていきます。
3.人差し指から小指までが伸びたら、手首を握っていた手を親指の方へ、スライドさせます。そうして、自分の4指を親指の下に滑り込ませます。親指の付け根を握り、ぐーっと伸ばしていきます。
この時に4指も親指もゆっくり開くことができたら、手首を少し反らすように、親指を後ろに伸ばします。
必ず全部伸ばさなくてはいけないのではなく、できる範囲で行っていきましょう。

蒲田 南蒲田 東蒲田 西蒲田 蒲田本町 新蒲田 蓮沼 池上 矢口渡 の地域の皆様お待ちしております  安心鍼灸整骨院

交通事故 バイク事故 蒲田

2018.04.17 | Category: バイク事故

【5本指の曲げ伸ばし】
以前行った、5本指の曲げ伸ばしの、やってはいけないバージョンと、運動のバリエーションをやります。
支点を作り、根元からぐーっと持ち上げるように行うのが、ポイントでしたが、指先だけをもってひっぱったりすると指先が反り返って運動の意味になりません。なので、指の根元から伸ばすこと、指全体を包むように持つことで、指先が反りかるのを防ぎます。また、筋肉や腱を痛めてしまうので、指先だけをもたないようにしましょう。

・バリエーション
うまく曲げ伸ばしができない時
うまく曲げ伸ばしができない時には、まず手首を曲げた状態からはじめます。手首を右ちぐぁからやさしく包み込むようにして行います。
1.片方の手で空いての指の根元から手のひらをすっぽりと包みこんであげます。この時に、内側から指で支えてあげます。そうするとこていがしやすくなります。
2.片方の手は、手首を曲げたまま支えになるように軽く握ります。強く握ってはだめです。
3.徐々に自分の手首をそらせるように相手の手首を伸ばしていきます。この時に痛みがでやすいです。注意しながら行います。
相手の気持ちの良いところまで行います。指は曲がったままでも大丈夫です。ですが、痛みがある場合はすぐにやめます。

蒲田 南蒲田 東蒲田 西蒲田 蒲田本町 新蒲田 蓮沼 池上 矢口渡 の地域の皆様お待ちしております  安心鍼灸整骨院

交通事故 肩の痛み 大田区

2018.03.22 | Category: 交通事故 肩の痛み

今回からは自分で行う運動、自動運動ではく、他人におこなっうてもらう他動運動を行っていきます。
意識するところは変わらず、「支点」「肉には触れず骨に触れる」です。

【親指の曲げ伸ばし】

麻痺があると握りこんでしまう手のひらですが、ずっと握っていると手のひらに汗が溜まりやすくなりとても不衛生です。そういった意味でもしっかり運動をしてあげましょう。指や手首の関節は小さく痛めやすいので、無理やりに行わずに筋や腱を痛めないように注意しましょう。

1.片方の手で、人差し指から小指までを包み込み、少し開きます。
2.もう一方の手で、親指の付け根から自分の親指を指先から滑り込ませます。
3.相手の親指の下に自分の親指が入ったら、そのままMP関節を支点にしてぐーっと開きます。この開くときに無理やり開くのでなく、痛みや嫌な感じがないようにゆっくりと慎重に開いていきます。
4.徐々に開くことができたら、親指を反らせてみましょう。
この時に、他の包み込んでいる四指はぎゅっとつかまずに、程よい圧で包みこんであげましょう。

親指を開く運動ではありますが、手の平が見えるようになるのがベストです。しっかりと運動をして、開いてあげましょう。

大田区 多摩川 矢口 東矢口 中央 久が原 千鳥 大森 大森南 大森中 大森東 大森西 大森町 の地域の皆様お待ちしております  安心鍼灸整骨院

交通事故 肩の痛み 蒲田

2018.03.17 | Category: 交通事故 肩の痛み

【寝返りを目指す運動】=(起居動作を目指す運動)

前回までに紹介した4つの運動を組み合わせて、起居動作を目指していきます。
段階を踏んで行うことで、寝返り、起き上がりまでの動作をスムーズにしていきます。

1.仰向けにねて、膝をたてます。この時に、寝返りをする側のスペースを広く開けてください。ベッドから落ちてしまいます。以前に行ったお尻の上げ下げの運動を利用して左右どちらかに動きます。
2.次に上半身を起こします。そのときに自分の膝をみるつもりでぐっと身体を起こします。頭を上げにくいときには枕を高くしておこなうと楽になります。
3.患側側の手首を健側側でつかみぐっと前に伸ばします。腕を挙上するときに行ううんどうでやったようにやります。そのまま、健側側を下にして、軸のようにしてころんと寝返りをします。患側側を下にすると痛みが出るため、健側を下にします。
このときに下半身は前回のねじりの運動を使います。

腕をひっぱっり健側側で患側側をひっぱることで、健側側が軸になり、寝返りがしやすくなります。ただし、あまり強く引っ張りすぎると肩が脱臼してしまうかもしれないので、ほどほどの力で引っ張りましょう。

蒲田 南蒲田 東蒲田 西蒲田 蒲田本町 新蒲田 蓮沼 池上 矢口渡 の地域の皆様お待ちしております  安心鍼灸整骨院

交通事故 首の痛み 大森

2018.03.06 | Category: 首の痛み

【下半身をねじる】
今回の運動は起居動作でに最も近い動作といってもいいです。寝返りをするのにとても大切な運動です。この運動ができるようになれば、寝返りから起き上がるまでの起居動作がとてもスムーズになります。寝返りができないと、褥瘡という床ずれになったり、身体が痛くて十分に寝られないということもあります。しっかりこの運動を行いましょう。
1.仰向けにねて、足をそろえて膝を90度に曲げます。手はお腹に置きます。
2.やりやすい方からそのまま膝を倒していきます。腰がひねったようなたいせいになりますが、腰は動かさずそのままで行います。膝を倒すという意識だけです。 3.倒し他膝を元に戻したら、今度は反対側に倒します。ひざを戻す時、倒す時はゆっくり倒します。
腰が痛い時は無理をして行ってはいけません。倒すだけでなにもないかたは、ストレッチがかかるようにぐっと倒すのもありです。腰が痛い時はやめてください。
体幹の運動、骨盤の可動域をひろげてあげることで、起居動作がとてもスムーズになります。
ベッドやふとんの位置によってどちら側から起き上がるか決まっていると思うので、特に倒す側起き上がる側は集中して行いましょう。逆に日常的にはやりやすい方で起き上がり、こういった運動でやりにくい方を改善していきましょう。
大田区 多摩川 矢口 東矢口 中央 久が原 千鳥 大森 大森南 大森中 大森東 大森西 大森町 の地域の皆様お待ちしております  安心鍼灸整骨院

交通事故 首の痛み 大鳥居

2018.03.05 | Category: 首の痛み

【寝返りを目指す運動】=(起居動作を目指す運動)

寝返り、起居動作には腹筋・背筋などの筋力。足の上げ下げ、膝の曲げ伸ばし、お尻の上げ下げの運動だけではなく、腰やひざの関節がやわらかく保たれていることが大切です。前回の下半身のねじりの運動もその1つです。
今回の運動ができるようになれば、ひとりで寝返り、そしsてベッドから起き上がることも可能になっていきます。

前回に行った運動は、膝をたてて行っています。麻痺があると骨盤のねじりができないため、どれも膝をたてて腰の重みを利用して骨盤をねじっています。
今までの運動と今日までの運動が合わさることで起居動作がスムーズにできるように改善されていきます。

ひざをのばして、運動するときに足が伸びてきてしまう人がいますが、そういった方は伸びてこない方の足で伸びてきてしまう方、麻痺のある方を足の甲を踏みます。力を入れずに重みで抑えるようにしましょう。
そうすれば、足がつっぱり、伸びして舞うのも抑えることができます。強く踏む必要はありません。足の重みをいかして、身体にむだな力が入らないようにしてあげます。

寝返りをする、起き上がるの動作は全てのはじまりの動作になっていきます。座るのも立つのも歩くのも、全て起居動作からはじまります。この起居動作ができるように運動をしっかりおこなっていきます。

大鳥居 羽田 穴守稲荷 羽田旭町 本羽田 昭和島 平和島 羽田空港 天空橋 の地域の皆様お待ちしております  安心鍼灸整骨院

交通事故 首の痛み 京急蒲田

2018.03.03 | Category: 首の痛み

【お尻の上げ下げ】

前回までの運動で歩行時の練習の運動をしました。また、起居動作にも必要な運動にもなっていきます。
今回はさらに、起居動作に必要な運動につながっていきます。また、起居動作は起き上がるだけでなく、寝返りも含まれていきます。寝返りができないと、起き上がるのも不可能ですよね。

今回は、おしりの運動をしていきます。お尻の運動といってもメインは骨盤になっていきます。骨盤
の周囲の筋肉を鍛えてあげることで立位時にも大切な筋肉となっていきます。骨盤がしっかりしていると土台がしっかりしてくるので、立つ・歩く・座るに関係していきます。

1.仰向けにねて、足を骨盤くらいに開きます。膝を90度くらいにまげます。
2.お腹に力を入れて持ち上げます。この時に、かかとをしっかり踏ん張るのがポイントです。
3.かかとをしっかり踏みながら、お尻を上げます。腰からひざまでまっすぐになるようにまで上がれば最高です。

この時に、お腹が持ちあがるのはダメです。腰痛の原因にもなりますし、骨盤周囲の筋肉にアプローチができていません。少しでいいので、上がればいいです。やり方が正しければ自分の上がる範囲でかまいません。

京急蒲田 六郷 六郷土手 東六郷 南六郷 仲六郷 西六郷 の地域の皆様お待ちしております  安心鍼灸整骨院

交通事故 首の痛み 糀谷

2018.02.23 | Category: 首の痛み

【ひざの曲げ伸ばし】

膝の曲げ伸ばしは、座る、歩く、立ち上がる、階段をのぼる、降りるなどさまざまな運動に使う大切な関節です。この部位が動かないと、普段の生活がつらくなります。
しっかり動かすことで、ひざの運動にもなります。また、この運動は足と腹筋に使う運動になります。この二つの筋肉を鍛えてあげることで、起居動作にもつながります。

1.仰向けに寝て、片方の足を股関節、ひざ、足首を90度に曲げます。手はお腹の上におきます。
2.そのままひざを伸ばしていきます。足の裏でなにかものを押すようにぐーっと伸ばしていきます。伸びるところまでで、かまわないので膝をまっすぐ伸ばしていきましょう。

この動きはちょうど、階段をのぼるとき、降りる時などに使うものをと同じ動きになります。なので、この動きをすることで、階段の昇降やちょっとした段差をこえる
練習にもなります。支点はひざにつくります。

最初は元気な方から行います。元気な方で行い、どんなものかを確認してから、元気のない方をやりましょう。健側を3回やったら患側を5回できるようにしていきます。

前回の運動よりもかんたんに感じますが、腹筋を結構使います。同じ方法で、両足同時に行うのもよい運動になるので、良いですが、無理に行っても効果はありません。
無理せずに自分の出来る範囲の運動を、できる範囲のひざを伸ばします。

糀谷 西糀谷 北糀谷 東糀谷 萩中 梅屋敷 雑色 の地域の皆様お待ちしております  安心鍼灸整骨院 

当院へのアクセス情報

・京急品川駅からエアポート急行にて糀谷駅まで15分
 注意:快特電車は停車しません!(特急・急行は停車します)

京急蒲田駅から羽田空港方面で、次の駅です

・京急糀谷駅(こうじや駅)から徒歩5分
 商店街沿いの100円ショップ・キャンドゥの前にあります

・駐車場はございませんので、当院の斜め前にあるコインパーキング(駐車場)をご利用ください

駅からのご案内