交通事故証明書

患者様の声

治療後に書類の書き方や手続きの仕方まで教わりました

 

ビフォー(どのようなお悩みでしたか?)

お盆に六郷で普通車同士の正面衝突の事故を起こしました。まずは救急車と警察に連絡し、現場検証後に損害保険会社へ連絡しました。その後、自賠責保険の手続きや診断証や交通事故証明書を警察に取りに行かないといけない。本当に大変です。

アフター(その後、どのように変化しましたか?)

整骨院さんで治療後に書類の書き方や手続きの仕方まで教わりました。わからない点は業務提携先の弁護士事務所に連絡してくださり、スムーズに対応していただいたおかげで手間が省けました。

 

 

メディア掲載

大田区蒲田・大森の安心鍼灸整骨院にて交通事故治療を受ける際に大切な事故証明書

ここでは、交通事故に遭われてしまった場合に覚えておきたい一連の流れについてご説明しております。大田区蒲田・大森の安心鍼灸整骨院での治療では事故証明書が必要となりますので、必ず警察に連絡しましょう。

突然、交通事故に巻き込まれてしまったというときには、なかなか正常な判断が出来ずにパニックになってしまうという方も多いかと思います。極度の緊張状態から怪我をしていてもあまり痛みを感じないということもあるかも知れませんが、しばらく日にちが経ってから急に痛みが出てくるということも御座いますので、正しい順序で手続きが出来るように流れをご説明いたします。

まず交通事故に遭われた際には、必ず警察に連絡をしましょう。軽い事故の場合大事にしたくないからと言って加害者からその場で示談を求められることもあるかも知れませんが、それには応じずに警察へ連絡することが大切です。そうしませんと事故証明書がもらえないため、後日怪我の痛みが出てきても保険治療が出来なかったりするのです。
そして、次に自己相手が加入している保険会社の情報を収集、そして交通事故を目撃していた人がいれば確保しておき、現場の記録もしておきます。

そして、たとえ軽い痛みだとしても我慢せずに必ず病院にて医師の診断を受けるようにしましょう。むち打ち症などの場合には後からつらい痛みに襲われることもありますし、後遺症が残ることも御座います。
怪我を治療するために保険会社へ大田区蒲田・大森の安心鍼灸整骨院での治療を希望する旨を伝えて、警察へ事故証明書を取りに行きます。
これが交通事故後の一連の流れとなります。事故証明書は大田区蒲田・大森の安心鍼灸整骨院で治療を受ける際にもとても大切な書類ですので無くしたりしないようにしましょう。

治療の流れ

当院へのアクセス情報

・京急品川駅からエアポート急行にて糀谷駅まで15分
 注意:快特電車は停車しません!(特急・急行は停車します)

京急蒲田駅から羽田空港方面で、次の駅です

・京急糀谷駅(こうじや駅)から徒歩5分
 商店街沿いの100円ショップ・キャンドゥの前にあります

・駐車場はございませんので、当院の斜め前にあるコインパーキング(駐車場)をご利用ください

駅からのご案内